オンライン結婚相談所人気おすすめランキング|ネット完結型のお見合いでお家で新感覚の婚活を楽しんでモテる

作成日:2020年4月19日更新日:2020年4月19日

目次

本記事の監修:マッチングアプリマスター

オンライン結婚相談所とは

オンライン結婚相談所

オンライン結婚相談所とは文字通り、Web上で結婚相談することです。

結婚相談所には、オンライン型と来店型があり、その多くは来店型ですが、

近年はオンライン型や折衷型も増えてきています。

オンライン型でも、リアルにある来店型の結婚相談所と同様のサービスが享受できます。

マッチングアプリや婚活サイトと比較すると、証明書の提出が必須など少しハードルが高く、

婚活の真剣度が一段と高いです。

なので、婚活への真剣度は来店型結婚相談所と同じです。

来店型結婚相談所との比較

大きな差は価格とコンシェルジュサービスだと考えています。

価格の比較

オンライン結婚相談所の方が圧倒的に安いです。

まず、月会費はあまり大差はありませんが、登録料はオンラインの方が圧倒的に安いです。

また、登録料・月会費はかかりますが、成婚料を取るところはオンラインではほぼないです。

【オンライン結婚相談所】

登録料:無料~1万円前後

月会費:1万円前後

成婚料:無料

【来店型結婚相談所】

登録料:3万円前後~17万円前後

月会費:1万5千円前後

成婚料:無料~20万円

自分のお財布と相談して、無理のない価格のところにいくのが良いです。

コンシェルジュサービスの比較

来店型の方が料金が高い分、サービスの質・量ともに来店型の方が高いと言えます。

大きな違いはコンシェルジュの関与度です。

より店舗型の方が関与度が大きいです。

しかしながら、これは人によって感じ方が異なり、

そこまでコンシェルジュの介入が必要ではないと思う方はオンライン型で十分です。

【オンライン結婚相談所】相談すれば答えてくれる

担当者制:あり

担当者との連絡:メール、電話、チャット

【来店型結婚相談所】戦略的な結婚までのプランを考えてくれる

担当者制:あり

担当者との連絡:直接の面談、メール、電話

オンライン結婚相談所が求められている背景

マッチングアプリなどで、ネット婚活の需要も高まりを見せ始める中で、

手厚いコンシェルジュサービスのある結婚相談所においてもネット完結の需要が高まってきました。

そして、今回の新型コロナウィルスの影響によって、対面でのサービスを強みとする結婚相談所において、

対面でのサービスが困難になり、よりネット完結の結婚相談所の需要の高まりを見せています。

オンライン結婚相談所のメリット・デメリット

来店型の結婚相談所と比較して、オンライン結婚相談所のメリット・デメリットは何でしょうか?

オンライン結婚相談所のメリット

POINT

・お家で真剣な婚活ができる

・料金が安い

・隙間時間でできる

お得ポイント

隙間時間にお安く自分なりに真剣婚活ができることが最大のメリット

オンライン結婚相談所のデメリット

POINT

・コンシェルジュとのコミュニケ―ションがとりにくい場合がある

・対面コミュニケーションの練習ができない

・来店型と比べるとコンシェルジュの介入は少ない

オンライン結婚相談所を選ぶポイント

保有会員数

結婚相談所の場合、1つの会社で会員を保有しているところは少なく、

どこかの団体に加盟していることが多いです。

その会員数をチェックしてください。

また、紹介可能会員数ですが、異性の人数が何人いるかもチェックしてください。

当然多い方が選択肢も広がり良いのですが、

会える範囲にどのくらいの人数がいるのかも、現実的に考えてチェックしてください。

POINT

・全会員数

・異性の会員数

・会える範囲の会員数

会員属性

どんな会員がいるのか、きになるところですよね。

年齢はもちろんのこと、職業、年収、学歴、結婚歴などがわかります。

兎にも角にも、自分の理想に近い人がいそうか、これが大切です。

紹介人数

結婚相談所の紹介には、コンシェルジュからの紹介と会員検索の2パターンあります。

コンシェルジュからの紹介は、7名前後と決まっていることが多いです。

会員検索は、月に20名前後までと決まっていることが多いです。

システム

会員検索ぐらいしか使わないのですが、検索のしやすさ使いやすさも見ておいても良いです。

コンシェルジュサービス

専任なのか兼任なのか、どのくらい連絡できるのか、相談はしやすいか、など

結婚相談所の要であるコンシェルジュの質は見ておくべきです。

まずはサービス体験やデモ操作などで体験してみてください。

POINT

・コンシェルジュは専任か

・お相手とのお見合いの日程調整を代行してくれるかどうか

・コンシェルジュのアドバイスの質

その他のサービス

POINT

・退会方法

・追加費用はかからないか

成婚率

成婚率は、結婚相談所にとって重要なKPIであり、これにより質がわかると言っても過言ではありません。

ですが、計算式が会社によって違い、会社はより数値を高くみせようと計算しますので、計算式までチェックします。

オンライン結婚相談所人気おすすめランキング

オンライン結婚相談所の数は、来店型結婚相談所に比べるとそこまで多くありません。

下記ではそんな数少ないオンライン結婚相談所をご紹介しています。

エン婚活エージェント

エン婚活エージェントのFV

エン婚活エージェントの特徴

人材紹介大手のエン・ジャパンを親会社に持つ、来店不要のオンライン完結型の結婚相談所のパイオニア。

勿論、独身証明書など公的書類の提出は必須のため、真剣に婚活をしている会員が集まっている。

利用者には専任のコンシェルジュが担当し、婚活のアドバイスをくれる。

紹介数は、コンシェルジュによる紹介が月間最大6名、検索で月間最大20名まで可能。

もし、3ヶ月以内にコンタクトが成立しなければ全額返金保証。

利用者には専任のコンシェルジュが担当し、婚活のアドバイスをくれる。

紹介可能会員数は30,166名(※2019年11月時点)。

コネクトシップに加盟。

エン婚活エージェントの詳細

【成婚率】30%

計算式::年間成婚退会者数÷毎月の平均活動会員数×100

【料金】

登録料:10,780円(税込)

月会費:13,200円(税込)

成婚料:無料

お見合い調整費用:無料

【全額返金保証】あり ※条件あり

コンシェルジュ:専任

【多い年代】31歳~50歳26歳~45歳

【加盟団体】コネクトシップ

【紹介人数】コンシェルジュ紹介数:月間最大6人、会員検索:月間最大20人

【提供企業】エン婚活エージェント株式会社(エン・ジャパン株式会社の子会社)

【サービス対象エリア】
関東エリア・・東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、群馬県、茨城県
関西エリア・・大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県
東海エリア・・愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
その他エリア・・栃木県、福岡県、広島県、北海道、山口県、熊本県、佐賀県、岡山県

詳細を見る

スマリッジ

スマリッジのFV

スマリッジの特徴

ソーシャルゲーム開発等を得意とする会社を母体に持つ、来店不要のオンライン完結型の結婚相談所。

勿論、独身証明書など公的書類の提出は必須のため、真剣に婚活をしている会員が集まっている。

利用者は、MCA結婚カウンセラー認定証取得の婚活アドバイザーからのアドバイスが受けられる。

紹介数は、婚活アドバイザーによる紹介が月間最大7名、検索で月間最大20名まで可能。

もし、3ヶ月以内にお見合いが成立しなければ全額返金保証。

一早くZoomを使ったオンラインお見合いにも対応。

紹介可能会員数は52,000人(提携先含む)(※2020年4月時点)。

一般社団法人日本結婚相談協会に加盟しており、JBAおあいてネットで検索が可能。

スマリッジの詳細

【成婚率】非開示

【料金】

登録料:6,600円(税込)

月会費:9,900円(税込)

成婚料:無料

お見合い調整費用:無料

【全額返金保証】あり ※条件あり

婚活アドバイザー:兼任

【多い年代】不明不明

【加盟団体】一般社団法人日本結婚相談協会:JBAおあいてネット

【紹介人数】婚活アドバイザー紹介数:月間最大7人、会員検索:月間最大20人

【提供企業】SEモバイル・アンド・オンライン株式会社(SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ株式会社(SEH&I)の子会社)

【サービス対象エリア】全国

詳細を見る

naco-do(ナコード)

naco-do(ナコード)のFV

naco-do(ナコード)の特徴

2019年2月にサービスがスタートしたスマホ結婚相談所「naco-do(ナコード)」。

勿論、独身証明書など公的書類の提出は必須のため、真剣に婚活をしている会員が集まっている。

利用者は、厳選された専任アドバイザーから婚活のアドバイスが受けられる。

紹介数は、専任アドバイザーによる紹介が月間最大30名、検索で月間最大20名まで可能と、結婚相談所の中でも最多クラス。

もし、3ヶ月以内にお見合いが成立しなければ全額返金保証。

紹介可能会員数は55,000人以上(提携先含む)(※2020年4月時点)。

JBA(一般社団法人日本結婚相談協会)に加盟しており、JBAおあいてネットで検索が可能。

naco-do(ナコード)の詳細

【成婚率】非開示

【料金】

登録料:無料(税込)

月会費:9,800円(税込)

成婚料:無料

お見合い調整費用:無料

【全額返金保証】あり ※条件あり

サポーター:専任

【多い年代】20代~40代20代~40代

【加盟団体】JBA(一般社団法人日本結婚相談協会):JBAおあいてネット

【紹介人数】専任サポーター紹介数:月間最大30人、会員検索:月間最大20人

【提供企業】株式会社いろもの

【サービス対象エリア】全国 ※要確認

詳細を見る

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)のFV

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)の特徴

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」がつくった、来店不要のアプリを使ったオンライン完結型の結婚相談所。

2019年7月31日にスタートした新しいサービス。

勿論、独身証明書など公的書類の提出は必須のため、真剣に婚活をしている会員が集まっている。

プロの結婚コンシェルジュによる24時間365日のサポート体制。

紹介は、毎日19時にアプリに届き、月間最大30人まで紹介される。

ファーストコンタクトを経て、また会いたいとなったらアプリ内でメッセージができるようになる。

もし、3ヶ月以内にマッチングが成立しなければ全額返金保証。

2020年4月下旬からアプリ内のオンラインビデオデートにも対応予定

どこにも所属せず、Pairsのノウハウを活かした独自の会員プラットフォームを形成。

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)の詳細

【成婚率】非開示

【料金】キャンペーンあり

登録料:9,800円(税込)

月会費:9,800円(税込)

成婚料:無料

お見合い調整費用:無料

【全額返金保証】あり ※条件あり

結婚コンシェルジュ:兼任

【多い年代】不明不明

【加盟団体】なし

【紹介人数】コンシェルジュ紹介数:月間最大30人

【提供企業】株式会社エウレカ

【サービス対象エリア】
関東:東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
<下記は2020年5月15日から>
関西:大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県
東海:愛知県・岐阜県・三重県・静岡県

詳細を見る

料金で比較するオンライン結婚相談所ランキング

サービス名 初期費用+成婚料 1ヶ月プラン 最安値プラン
※1ヶ月あたりの料金
エン婚活エージェント 10,780円+0円
=10,780円
13,200円 13,200円
スマリッジ 6,600円+0円
=6,600円
9,900円 9,900円
naco-do
(ナコード)
0円+0円
=0円
9,800円 4,900円
ペアーズエンゲージ
(Pairs engage)
9,800円+0円
=9,800円
9,800円
※キャンペーン中は7,840円
8,300円
※キャンペーン中は6,640円

※全て税込計算

※オレンジ網掛け部分が最安値

紹介人数で比較するオンライン結婚相談所ランキング

サービス名 コンシェルジュからの紹介 検索可能人数 合計人数
エン婚活エージェント 6名 20名 26名
スマリッジ 7名 20名 27名
naco-do
(ナコード)
30名 20名 50名
ペアーズエンゲージ
(Pairs engage)
30名 0名 30名

※紹介人数は最大値であり、条件によっては下回る場合があります。

まとめ

オンラインでの結婚相談所も増えてきました。

お財布と相談して、オンラインでも十分だという方にとっては申し分ありません。

ぜひ出会いを引き寄せてほしいです。

本記事の監修

マッチングアプリマスター

  • 32歳、男性。大学院卒でハマったらトコトン追求する性格。
  • マッチングアプリを実際に使い1年半で120人に会ったという実績を持つ。
  • 今や累計140人以上に実際に会い恋愛観を聞き続けている。
  • マッチングアプリで付き合った女性は2人。
  • 酸いも甘いも、マッチングアプリを熟知している。
  • マッチングアプリだけでなく、他の出会い方にも詳しい。
  • 関西でも関東でも婚活をしているため、両地域の話ができる。

関連記事